相続問題や債務整理に詳しい弁護士に頼ってみよう

離婚とローン

女の人

離婚したいが住宅ローンが残っている場合

結婚を機にマイホームを購入するということは多いですが、長年連れ添っている夫婦もあれば、短期間に離婚してしまう夫婦もまた少なくありません。そして別れたい場合も離婚届を提出して終わりというわけにはいかず、様々な手続きや解決しなくてはいけない問題もでてきます。マイホームを購入した場合は一括で購入することが難しく、長期の住宅ローンを組んで支払う方法がよく選ばれています。そして離婚を決めたときにまだ住宅ローンが残っているという場合はその問題を解決しなくてはいけません。どちらかが住宅ローンを支払い続けるという方法もありますが、配偶者が連帯保証人となっていることも多いのでその問題についても解決していく必要があります。

弁護士などの専門家に相談しよう

離婚するからといって、住宅ローンの連帯保証人を簡単に外れるというわけにはいかず、こうした問題を解決しないまま別れてしまうと後で思わぬトラブルとなってしまう場合もあります。こうした場合はその住宅を売却してローンを返済していくという方法もありますが、最適な解決を目指すのであれば弁護士などのサポートを受けることも考えてみましょう。弁護士のサポートがあれば住宅の問題も良い方法での解決ができますし、そのほかの財産分与や子供の養育、慰謝料のことなど様々な離婚に関する事柄を相談し、解決していくことができます。離婚後にトラブルを起こさないためにもできるだけ円満な解決ができるよう、プロのアドバイスは参考にしていきましょう。